債務整理 影響 奨学金

MENU

親が債務整理をしても奨学金は受けられる?

あなたの債務整理は奨学金に影響する?

 

債務整理をして、お子さんの奨学金が受けられなくなってしまうと困る、と心配して、債務整理を躊躇している方も少なくないようです。

 

しかし、その心配には及びません。なぜなら、奨学金を受けるのは、あなたではなく、お子さん自身だからです。

 

但し、債務整理をおこなった人は、さすがにその保証人にはなれません。それでも、そのあたりも簡単にクリアにすることが可能なので、安心してください。

 

ここでは、その内容についてご説明していきますので、参考にしてみてください。

 

 

安心して債務整理をおこなってください

まず、あなたが債務整理をおこなっと事事態に対しては、上述の通り、奨学金を申請するお子さん事態に影響はありませんので、その心配はご無用です。

 

ただ、奨学金を申し込むには、保証人を立てなくてはなりません。多くの場合、その保証人には親御さんがなられています。

 

しかし、その親御さんが債務整理をしているとなると、保証人になることができません。あなたが債務整理をおこなった際、奨学金を受けるための唯一の障害はここになります。

 

とはいえ、何度もご説明している通り、債務整理は、その本人だけの責任とされるので、他の家族には影響が出ません。そのため、他の家族が保証人となれば問題なく、この件についてもクリアすることができます。

 

例えば、奨学金を受けるお子さんの父親が債務整理をおこなったとしたら、母親が保証人となれば事は済むということです。

 

さらに言うと、4親等までの親族であれば保証人になれますので、もし片親だけのご家庭の場合でも、兄弟や叔父、叔母といった方にもお願いすることができます。

 

もし、どうしても親族の中で保証人が得られない場合には、日本国際教育支援協会が、保証人になってくれる機関保証制度を設けているので利用してみましょう。

 

機関保証制度とは、月々保証金を支払うことで、奨学金の保証人になってくれるシステムです。多少お金はかかってしまいますが、保証人が見つからない時に便利なサービスです。

お子さんの進学は心配ありません

いかがでしょうか?

 

もしあなたが債務整理をおこなったとしても、このようなことから、お子さんの奨学金は受け取ることが可能です。

 

お子さんが安心して進学し、学校を卒業するためにも、債務整理で安定したご家庭を築き上げることに注力してみてください。

 

 

それ以外にも心配事があったら、債務整理のスペシャリストの相談を受けて、すっきりしてみませんか?

 

相談は無料で行え、匿名で貴方の借金診断も行えます。