任整理は怖くありません

MENU

任意整理で解決する

 

債務整理の中で最もポピュラーな方法は任意整理で、多くの借金で苦しむ方々が行っており、生活への影響もほぼありません。

 

基本的に他の債務整理でも、大きな財産を持っていない限り、生活に大きな影響はありませんが、影響の少なさから言うと任意整理が一番といえるでしょう。

 

大きな減額は望めませんが、簡潔で手続きが非常に簡潔なので、あなたの借金額や借金状況によって、許されるなら、任意整理を選ぶことをお勧めします。

 

なぜ任意整理がおすすめ?

 

任意整理は、文字通りに任意で借金問題を解決していくため、裁判所の関与がありません。

 

簡単に言ってしまえば、借金の貸し借りを当事者同士で解決していく方法です。

 

しかも、あなたが依頼した弁護士や司法書士が、あなたの代理人となって、債権者と交渉してくれます。あなたは一切おもてに出ることはありません。

 

あなたが、「これなら返済できる」といった方法を、代理人が債権者と交渉してくれます。その交渉が成立したら、その和解内容に沿って、あなたは返済をしていけばいいだけです。

 

はっきり言って、代理にへの依頼さえしてしまえば、あなたは、返済が開始するまで何もすることはありません。

 

大きな減額は見込めませんが、以上のように、依頼者からすると非常に簡潔に進められるので、債務整理の中では一番お勧めの方法です。

 

任意整理は怖くない?

 

任意整理を始め債務整理は、すべて代理人が表に立ってあなたの借金を解決すべく、債権者と交渉してくれます。

 

その際、法の定めによって債権者はあなたと直接コンタクトはできません。もちろん電話をはじめ、メールや郵便を送ることはできません。すべて代理人を通さななければいけないことにになっています。

 

そのため、任意整理をしたからといって、そのことに対いて、債権者から何か言われることもありません。

 

また、借入先には迷惑をかけてしまいますが、社会的にペナルティーを受けるようなこともありませんし、生活していくうえで大きな規制を敷かれてしまうこともありません。

 

ただ、任意整理をしたということが、金融業界が使っている信用情報機関のブラックリストに掲載されてしまうので、新たな借金は、5年から7年はできなくなってしまうことが、ペナルティといえばそうなるかもしれません。

 

しかし、今のままでも、すでにどこからも借金はできない状態でしょうから、この点については、任意整理をしなくても同じ状態なので、大きなペナルティというほどのものではないでしょう。

 

それよりも、あなたに対して、救いの手を差し伸べてくれるのですから、決して怖いものではなく、ありがたいものと捉えてください。

 

任意整理できないこともある?

債務整理の中でも、簡潔にできる任意整理はお勧めの方法ですが、残念ながら、あなたが確実に任意整理ができるかどうかはここでお約束することはできません。

 

なぜなら、任意整理は自己破産と違い、返済は続くことになります。そのため、その返済能力が問われることになります。

 

たとえ、利息がなくなって返済が楽になるとはいえ、その返済金額を、きちんと月々支払えなくてはなりません。

 

返済の猶予は最長5年です。その返済期限で、今のあなたの借金額が月々支払えるかどうかが大きなカギとなります。

 

例えば、現在の借金残額が500万あり、減額が見込めないような場合では、最長5年払いで計算しても、以下のような計算から、月々≒83,333円の支払いを続けなければなりません。

 

500万÷5年(60回)≒83,333円

 

もし、それが不可能な場合には、他の個人再生か自己破産を選ばなければなりません。

 

但し、過去利息を多く支払っていて、その分減額がされる見込みがあるのなら、任意整理を行うことは不可能ではありません。

 

その減額が見込めるかどうかは、弁護士や司法書士が行っている無料相談でも調べることができます。

 

また、あなたにとって一番適した債務整理のアドバイスも受けられ、債務整理をご希望なら、そのまま依頼することもできますので、まずは債務相談から始めてみてください。